加工するのに必要な物

ロータリーコネクターとは、回転接続用コネクタのことで、部品加工への接続や給電を目的としたコネクターのことです。
このロータリーコネクターは、金型部品加工等の精密加工には、とても重要なものとなっています。
ロータリーコネクターを使うことにより、これらの金型部品加工は非常に楽になっていきました。
本来は、給電のためにワイヤー等を使っていたのですが、ねじれて断線してしまう等のトラブルが非常に多かったのが問題点となっていたのです。
しかし、このロータリーコネクターの登場により、金型だけではなく、部品加工事態に革命を起こしていきました。
今では、金型部品加工等には、欠かせない存在となっているものです。

部品加工の方法には、切削加工、研削加工、放電加工という3つの加工技術が存在します。
切削加工とは、対象物を切ったり削ったりする加工方法であり、別名を除去加工と呼ばれたりもしています。
この切削加工というのは、一番使用頻度の高い加工方法です。

研削加工とは、切削加工と同じく表面を切ったり削ったりする加工ですが、砥石を使って加工するものです。
そのため、切削加工より表面を滑らかにすることが出来ます。

放電加工とは、周期的に繰り返される放電によって表面削る加工法です。
この放電加工が、一番大量生産がし易いため、放電加工が現在では主流になりつつあります。

話題のサイト

ロータリーコネクターのことならなんでも| 株式会社ヒサワ技研
金型の部品加工するなら|水谷製作所

カテゴリー
  • カテゴリーなし
アーカイブ